お問い合わせ 0187-63-9292
大仙市の整体院『龍観堂』。元プロアスリートだから分かる体の仕組みがあります。
腰痛、肩こり、偏頭痛などの症状を、骨盤矯正と筋膜、動体療法を組み合わせて、お客様一人一人の身体に合わせ施術を行います。
何でもご相談ください。
 

動体療法・筋膜リリース

  • HOME »
  • 動体療法・筋膜リリース
 動体療法

動体療法とは

動体療法は、筋反射テストを用いて自然な動きの中で行う、無理のない、痛くない即効性のある療法です。
一般的な整体の施術は、ベッドの上に寝た状態で行います。
しかし動体療法は、寝た状態での施術はあまり行われず、文字通り「体」を「動」かしながら施術を行います。
仰向け、横向き、立ったままや、イスに座った状態で、しかも動きを伴いながら施術を行います。
そのため、動きによる痛みの違いや、痛みの場所が明確になり、その人に合った施術を行えます。

 筋膜リリース

筋膜とは

筋膜とは筋肉を包む膜のことで、ウェットスーツのように体全体に張り巡らされ、表層から深層まで立体的に包み込むため、組織を支える第二の骨格であるといわれています。
筋膜は筋全体を覆っている最外層の筋外膜、いくつかの筋線維を束ねて覆っている筋周膜、さらに筋線維1本1本を包む筋内膜との3種類に分けられます。
この筋膜は柔らかい組織なので、委縮・癒着しやすい特徴があり、これがコリや痛みを招き、筋肉の柔軟性を損なう原因になります。

筋膜の役割

各組織を包み込みます。
組織と組織の間に仕切りをつくり、分けると同時に結びつけます。
体の姿勢を保つ役割を持つ組織同士がこすれあうことで生じる摩擦から保護します。
このような役割の筋膜は、筋線維を包んでいる3つ(筋外膜、筋周膜、筋内膜)に構成された構造から、筋線維の動きを支え、力の伝達を行います。

筋膜リリース

筋膜の委縮・癒着を引き剥がしたり、引き離したり、こすったりすることで、正常な状態に戻すことを言います。
筋膜リリースがときに「筋膜はがし」と翻訳されて呼ばれる理由もここにあります。
筋膜組織の機能回復を図るためには、物理的に圧迫・刺激を加え、筋膜の乱れを取り除くことが必要であり、トリガーポイントの使用がとても有効です。

元プロアスリートだから分かる身体の仕組みがあります。何でもご相談下さい。 TEL 0187-63-9292





PAGETOP
Copyright © 龍観堂 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.