お問い合わせ 0187-63-9292
大仙市の整体院『龍観堂』。元プロアスリートだから分かる体の仕組みがあります。
腰痛、肩こり、偏頭痛などの症状を、骨盤矯正と筋膜、動体療法を組み合わせて、お客様一人一人の身体に合わせ施術を行います。
何でもご相談ください。
 

顎関節症

  • HOME »
  • 顎関節症

顎関節症ってなにですか?


顎は、複雑な形状と多くの機能を持っており、筋肉と関節、神経が集中して下顎を支えています。
食事や会話の際には、それらが連動して機能しますが、この顎の関節やその周辺部分に痛みが出たり動かしにくくなったりするのが顎関節症です。
 

 

どんな症状ですか?

顎関節に痛みが生じる。
口が開けづらい。
口を開くときに耳の付け根辺りで「カクッ」「ゴリッ」といった不快な音が鳴る。
というのが主な症状です。
これにより、硬い食べ物を噛めない、大きな食べ物を食べられない、顎の音が煩わしいといったストレスを抱えます。
関節円板がずれている場合には、顎を動かすと引っかかるような音がしたり、顎関節を構成する骨の変形によってこすれ合うような音がします。
さらに症状が悪化すると、口を開けようとしなくても顎関節や、頬やこめかみなどの顎を動かす筋肉が痛んだり、口が開かなくなります。
さらに腕や指のしびれ、めまい、片頭痛、首や肩、背中の痛み、腰痛、肩凝りなどのほか、目、耳、鼻、歯、舌などに不快感や違和感を覚えるようになることもあります。
 

 

原因は?


今までは噛み合わせの悪さが原因だと考えられてきました。
しかし、近年の研究では、噛み合わせは原因の一つに過ぎず、実際には多くの要因が絡んでいると分かりました。
その要因には、噛み合わせの不良のほか、生来顎関節が弱いなどの構造上の問題、ストレスや不安などからくる顎の筋肉の緊張、外傷なども考えられます。
また、日常生活における習慣や癖なども大きく影響しています。
例えば、頬づえや歯ぎしり、唇や頬の内側を噛む癖、食いしばり、片側の歯での偏った噛み方の癖、うつぶせ寝の習慣、猫背などで、近年ではスマートフォンや携帯電話、パソコンの長時間に及ぶ操作なども原因の1つと言われています。
 

 

どのような施術ですか?

『顎関節症です』と言って来院する方々の95%以上が骨盤に歪みがみられます。
骨盤に歪みがあると、背骨が影響を受け湾曲や捻じれ、すべり、狭窄、圧迫、背筋にかかる負荷のアンバランス等を作る原因となります。
このような様々な現象は腰⇒背中⇒肩⇒首の順で顎関節まで影響します。
顎関節を改善しようと思うなら骨盤のバランスを調えることは必要不可欠です
 

 

予防できますか?

歯ぎしりや頬づえ、唇や頬の内側を噛むといった癖、食いしばり、片側の歯に偏った噛み方の癖、うつぶせ寝の習慣、猫背など、日常生活における癖や習慣を改め、行動を見直すことが顎関節症の予防につながります。
スマートフォンや携帯電話、パソコンを操作するときには、作業の合間に休憩をはさみ、体への負担を減らすよう心がけることも重要です。
 

元プロアスリートだから分かる身体の仕組みがあります。何でもご相談下さい。 TEL 0187-63-9292





PAGETOP
Copyright © 龍観堂 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.