お問い合わせ 0187-63-9292
大仙市の整体院『龍観堂』。元プロアスリートだから分かる体の仕組みがあります。
腰痛、肩こり、偏頭痛などの症状を、骨盤矯正と筋膜、動体療法を組み合わせて、お客様一人一人の身体に合わせ施術を行います。
何でもご相談ください。
 

ひじの痛み

  • HOME »
  • ひじの痛み


肘(ひじ)の痛みの種類


肘の痛みにも多くの種類がありますが、大きく2つに分けられます。
肘の内側の痛みと外側の痛みで分けることが出来ます。

多いのは、手を使う時に肘の外側に痛みが走るものです。テニス肘と言うこともあります。
もう1つは野球肘で、手を使うと肘の内側に痛みが走ります。

野球肘は、野球の投球のフォームが影響すると言われており、野球のほかにハンドボールや水泳など、“オーバースロー”の動作が伴うものに影響されるようです。

■肘の内側の痛み『野球肘』の概要と症状■


野球肘は、投球による使いすぎを原因として起こるものと、胸鎖関節の亜脱臼が原因で起こる肘関節部の炎症があり、正式には「上腕骨内側上顆炎」と表現されています。

症状としては、シビレや痛み、関節のロッキングなどがあり投球などの動作に支障をきたすことがあります。

投球フォームに乱れがあると、肘への負担が大きくなって野球肘を起こしやすくすることがあります。

投球フォームの乱れは肩や肘だけの問題ではなく、根本的には、胸鎖関節の亜脱臼という不具合に起因するものが多く、それ以上に、人体の要である骨盤のアンバランスによって下半身が不安定になり、それが投球フォームを悪くしていることがあります。

野球肘の予防
野球肩や野球肘は、成長期の小中学生、高校生を中心として起こりやすいスポーツ障害であるといえます。

予防策としては、先ず第一に骨盤のバランス、胸鎖関節の亜脱臼確認、その上で上腕や肩の筋肉強化と運動後のアイシングと整体によるほぐしの併用が効果的です。

また、選手に無理をさせないという意味では、根性論だけではなく、無理のない練習メニューを組むことも野球の指導者に求められる予防策といえます。

野球に情熱を傾けることは素晴らしい事ですが、根性論が過ぎるあまりに、子どもたちの骨格バランスに無関心であったり、無知であることは選手を育てるという観点からすれば残念なことであります。

野球肘の治療
野球肘の治療は、先ずは投球練習の休止から始まります。

治癒、改善を遅くさせる原因であり、悪化させる原因でもある投球は完治してからでも遅くはありません。

野球肘の場合は、投球フォームの改善を行うことで症状が改善することがあります。

しかし、その前に胸鎖関節の亜脱臼確認と肘関節の関節の異常確認が大切です。

野球肩の治療は、抗炎症剤などで炎症と痛みを抑えながら肩関節の可動域を改善していきます。

医療現場ではデブリードマン手術で骨や組織の切除を行うことがあります。

■肘の外側の痛み■ 症状


手を使う時に肘の外側に痛みが走ります。雑巾やタオルを絞る時に痛みがでます。安静時には痛みはありません。

原因
テニス肘とも呼ばれていますが、多くはテニス以外にも野球のピッチャー、握力の使い過ぎ労働、林業従事者等も使いすぎが原因で起こり、手や手首を使う仕事の人によく起こります。

手首を伸ばす筋肉が肘の外側の骨に付いています。手首の使いすぎによるこの部位(肘外側)での腱の疲労や損傷が原因です。

整形外科の治療

手の使用を控え、肘の疼痛部にシップをします。約3ヶ月くらい。これで治らなければ、疼痛部にステロイド注射をし、テニス肘用バンドを装着します。これでも治らない時は、まれに手術(筋膜切開など)を行う。

龍観堂の施術は上記の腱鞘炎とほぼ同じような手順でおこないますテニス肘の場合は特にひじ関節部の靭帯のケアが改善治癒の決め手となります。

改善されない理由
あなたは、お医者さんから診断を受けて、下記のような改善方法をしていませんか?

・アイシング(常に冷やしていませんか?)
・湿布、スプレー式鎮痛消炎剤(常態化した使用は筋肉を傷める)
・電気治療(低周波・超音波)
・ストレッチ(何でもストレッチのカン違い)
・マッサージ(ポイントのずれたマッサージ)
・痛み止めの注射(神経細胞の破壊になる)
・筋力トレーニング(痛みがある状態では悪化させるだけ)
・サポーター(固定によって負荷が掛かり回復を遅くする)

上記の改善方法を試していても改善がみられない場合は肘関節、胸鎖関節の不具合が考えられます。

龍観堂の整体に来られる方は、病院や接骨院の先生の指導どおり、上記のような改善方法を数週間も、数か月もつづけたにも関わらず、痛みが思うように良くならなかった方が殆どです。

そして、こういう状態で来院された方たちは上記のような改善方法を繰り返してきた方ほど、
・筋肉の緊張がより強くなっている。
・慢性化して常態化している。
・良くなりにくくなっている。

特に、悪い状態での筋肉トレーニング、過度なストレッチ、練習、試合は著しく症状を悪化させることがあります。

龍観堂の施術
龍観堂ではあなたがこれまで体験しなかったような内容で正確に、改善ポイントを見逃さず対応して良い結果を出します。

・肘関節の状態をチェックして正しい位置に矯正します。
・胸鎖関節の亜脱臼の有無を確認して矯正します。
・肘関節部の丁寧なほぐし、腕全体のほぐし。
・足の裏からふくらはぎ、大腿筋、腰部起立筋、背筋、肩、首の全身を状況確認しながらほぐします。
・最後に全身の骨格矯正をします。

上記施術内容によってテニス肘の痛みが相当に楽になっていることを実感できると思います。




下記の症状に対応しております。
腰痛 椎間板ヘルニア ギックリ腰 坐骨神経痛 肩凝り 四十肩 五十肩 偏頭痛 産後の骨盤矯正 妊婦 マタニティ 骨盤矯正 頸椎捻挫 頸椎症 ストレートネック 頸椎ヘルニア 顎関節症 О脚 X脚 成長痛 オスグット シンスプリント スポーツ障害 捻挫 腱鞘炎 変形性股関節症 変形性膝関節症 ムチ打ち症 脊椎側弯症 耳鳴り めまい 突発性難聴 スポーツテーピング


下記の地域からも来院いただいております。
秋田県 大仙市 大曲 秋田市 横手市 由利本荘市 大館市 能代市 鹿角市 井川町 羽後町 大潟村 男鹿市 潟上市 上小阿仁村 北秋田市 小坂町 五城目町 仙北市 にかほ市 八郎潟町 八峰町 東成瀬村 藤里町 美郷町 角館 十文字



元プロアスリートだから分かる身体の仕組みがあります。何でもご相談下さい。 TEL 0187-63-9292





PAGETOP
Copyright © 龍観堂 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.