お問い合わせ 0187-63-9292
大仙市の整体院『龍観堂』。元プロアスリートだから分かる体の仕組みがあります。
腰痛、肩こり、偏頭痛などの症状を、骨盤矯正と筋膜、動体療法を組み合わせて、お客様一人一人の身体に合わせ施術を行います。
何でもご相談ください。
 

四十肩・五十肩

  • HOME »
  • 四十肩・五十肩

四十肩・五十肩ってなに?

四十肩と五十肩は、実は同じものです。
当初、50代で発症することが多いことから五十肩と呼ばれていたのが、40代で発症した人に配慮して四十肩とも呼ばれるようになりました。

若くても、スポーツ等の負担により、四十肩・五十肩と似たように腕が上がらなくなる場合があります。
これをインピンジメント症候群と言います。この症状にも下記施術で対応しております。

いずれにせよ「四十肩・五十肩」は俗称で、医学的には「肩関節周囲炎」といい、肩関節まわりの筋肉や靭帯が炎症を起こす症状を指します。

なぜ痛くなるの?

四十肩・五十肩のほとんどは、これといったきっかけがなく痛み始め、数週間から数カ月かけて悪化していきます。
悪化するにつれ、肩を動かすときにピリッと刺すような痛みが走り、腕を上げたり背中に回す動作ができなくなるため、上着の脱ぎ着、洗濯物干し、洗顔ができないなど、日常生活に不便を感じるようになります。
ピーク時には「夜間痛」といって、夜眠れないほどの激痛に襲われることもあります。
こうなると日中、何もしなくても痛みがあり、痛みの範囲も、肩全体から腕までと広範囲に及びます。

よく混同されるのですが、肩こりと四十肩・五十肩はまったく別のものです。
見極めのポイントは、肩を動かせるかどうかで、肩こりは四十肩・五十肩のように、肩が動かせなくなることはありません。
痛みも、肩こりが鈍痛であるのに対し、四十肩・五十肩は鋭い痛みなのが特徴です。
肩の痛みには、これ以外にも20以上の疾患があり、中には「腱板断裂(けんばんだんれつ)」など、四十肩・五十肩と見分けがつきにくく見逃されている疾患も多くあります。
痛みを感じたら、自分の症状がどれなのか見当をつけるところから始めましょう。

このようにとてもつらい四十肩・五十肩ですが、適切な対処をすれば、長期間苦しまずに済むので安心してください。

龍観堂の施術

下記の施術をいたします。

○肩甲骨及び三角筋の丁寧なほぐし
○筋肉疲労の場合は丁寧なほぐしで解決。
〇関節が不具合の場合は先ず鎖骨の亜脱臼を矯正し本来の位置に戻す
○胸鎖関節を正常な位置に戻す

四十肩、五十肩でお悩みの方、多くの方を改善し結果を出しておりますので、是非お試し下さい。

元プロアスリートだから分かる身体の仕組みがあります。何でもご相談下さい。 TEL 0187-63-9292





PAGETOP
Copyright © 龍観堂 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.