お問い合わせ 0187-63-9292
大仙市の整体院『龍観堂』。元プロアスリートだから分かる体の仕組みがあります。
腰痛、肩こり、偏頭痛などの症状を、骨盤矯正と筋膜、動体療法を組み合わせて、お客様一人一人の身体に合わせ施術を行います。
何でもご相談ください。
 

股関節の痛み

  • HOME »
  • 股関節の痛み

股関節の痛みについて

股関節の痛みは辛い物です。
・長時間歩くと股関節やお尻、膝などに痛みを感じる。
・股関節の可動域が狭くなり、運動不足になる。
・何をしても痛いために日常生活に支障を来す。
・あぐらなど股関節を開くような動作で痛みを感じる、もしくは開きづらい。
・足の筋肉がなくなり明らかに細くなる、また両足の長さがかなり違う。
このような症状でお悩みの方が、多くいらっしゃいます。

股関節痛の原因は?

股関節を繋ぐ軟骨が擦り減る、または損傷し、骨と骨の間のクッションが無くなり狭くなることで、運動機能に障害をもたらす症状のことです。
初期では多少痛みを感じ、太腿やお尻などに筋肉痛を感じる程度ですが、進行するにつれて歩行が困難になるほどの激痛や運動障害を起こし、最終的には動かさなくでも骨と骨が擦れ合って痛い状態になります。
レントゲン撮影をすると明らかに関節に隙間が無いことや、関節が変形していることで末期の診断を受けることになります。
かなり進行してしまうと、人口股関節置換術という大掛かりな手術を受けることになり、大幅な改善を見込むことができますが、この手術を受けられる年齢や体力などは加味しなければなりません。

龍観堂の施術は

後天的に、股関節痛や加齢によって変形性股関節症を発症する場合は、軟骨が擦り減るに至った原因が必ず存在しており、その多くに偏った体重移動や上半身のバランスの歪みなどが見受けられます。
ほとんどの人に利き手や利き足があるため、左右のバランスは対称でいるのは大変難しいことではありますが、歪んだままにしておくとその負荷が腰に来る人もいれば膝にくる人もいて、股関節にその負荷がかかり続けると軟骨が擦り減って痛みを感じるようになるのです。
一度擦り減った軟骨を再生させるのは困難であり、温存しながら左右差を均等にして、筋肉をつけることで股関節の動きをフォローできるようにしていかなければなりません。
このように、全身の骨格や骨盤の歪みが股関節痛(変形性股関節症)に与える影響力はとても大きいのです。
龍観堂では、この歪みを無くし、バランスを整える施術をします。

元プロアスリートだから分かる身体の仕組みがあります。何でもご相談下さい。 TEL 0187-63-9292





PAGETOP
Copyright © 龍観堂 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.