お問い合わせ 0187-63-9292
大仙市の整体院『龍観堂』。元プロアスリートだから分かる体の仕組みがあります。
腰痛、肩こり、偏頭痛などの症状を、骨盤矯正と筋膜、動体療法を組み合わせて、お客様一人一人の身体に合わせ施術を行います。
何でもご相談ください。
 

肉離れ

別のケガと間違われやすい『肉離れ』


足や腕に起こる肉離れは、筋肉の痙攣から発する足がつる、腕がつる症状と間違われることがあるスポーツ障害といえます。
しかし、肉離れは「つる」症状とは比べ物にならないほど厄介な症状と痛みを持っています。

肉離れのことを、専門的に「挫傷」と言います。
準備運動を十分に行わなかったり、疲労の蓄積で筋肉の柔軟性が低下している状態などで、急激な運動を行い筋肉の線維を損傷してしまうことで起こります。
ふくらはぎや、太ももの裏(ハムストリングス)に多い症状で、殿部などにも発生することもあります。
 

 

肉離れ(挫傷)の症状について

肉離れは筋肉に大量の出血が起きています。
重症度にもよりますが、ふくらはぎの肉離れを起こすと足を地面に付けただけでも痛みが生じます。
まずは、この出血を止めるように応急処置を行っていかなくてはいけません。
 

 

肉離れ(挫傷)の応急処置


ふとももの裏の筋肉(ハムストリングス)に肉離れが起きてしまった場合は、痛みが出ている箇所にアイシングを施し、そこに圧迫を加えます。
手のひらで圧迫してもよろしいですし、アイシングを止めるためのゴムバンドやラップなどでアイシングと同時に圧迫を加えても大丈夫です。
このとき、圧迫が強すぎると血流を完全に遮断してしまう恐れがありますので注意が必要です。

ここで、ポイントとなるのが応急処置をする際のケガをしてしまった方の姿勢です。
ハムストリングスを肉離れしている場合は膝を伸ばした姿勢で応急処置を施しましょう。
膝を伸ばした姿勢は、ハムストリングスに適度な緊張が生まれ、肉離れしてしまっている筋肉の傷口をふさぎ、止血効果を高めることができます。
他の筋肉でも同様に、その筋肉に少し緊張を持たせた状態で応急処置を行ってください。
 

 

龍観堂の施術


肉離れは、アイシングや湿布を貼って安静にしていても、痛みや違和感が残ってしまったり、何度も同じ箇所を損傷するクセがついてしまいます。
そのため根本的な改善に取り組むことをおすすめしています。
また肉離れ直後であれば適切なアプローチをすることで、ただ安静にして待つよりも早く回復して再発しにくい状態にすることも可能です。

肉離れはふくらはぎや太ももの裏など足に起きることが多いですが、そのような方に多いケースとして、骨盤や股関節、膝、足首の柔軟性が失われ筋肉に負担がかかり肉離れに繋がっているケースがよくあります。
下半身の柔軟性の失われると、吸収しきれなかった衝撃が、ふくらはぎや太ももの筋肉に直接負荷をかけるようになり、筋肉に疲労が溜まりやすくなるからです。
ですから、肉離れを起こした患部だけでなく、そこに関節の可動域を取り戻していくことが大切です。

また、関節の柔軟性が良くなることで再発防止にもなり、自分の体の動きが悪いところをケアできるので、痛くなる前よりも動きやすくなり、運動をされている方であれば、パフォーマンスアップにも繋がります。
この機会に体をしっかりと整えて、肉離れをする前よりも良い状態を目指していきましょう。
 

 

元プロアスリートだから分かる身体の仕組みがあります。何でもご相談下さい。 TEL 0187-63-9292





PAGETOP
Copyright © 龍観堂 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.