お問い合わせ 0187-63-9292
大仙市の整体院『龍観堂』。元プロアスリートだから分かる体の仕組みがあります。
腰痛、肩こり、偏頭痛などの症状を、骨盤矯正と筋膜、動体療法を組み合わせて、お客様一人一人の身体に合わせ施術を行います。
何でもご相談ください。
 

椎間板ヘルニア

  • HOME »
  • 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアってなに?

重いものを持ち上げたときだけでなく、何かのタイミングで、突然に立っていられないほどの腰痛がおきることがあります。
急な腰痛のとき、まずは、安静にして無理に動かないことが大切です。
しかし、足のほうに響くような痛みやしびれを感じたり、排尿・排便がしにくかったりする場合は、椎間板ヘルニアの心配があります。

椎間板の構造と発症のしくみ

腰痛の原因で最も多いのが椎間板ヘルニアです。
椎間板ヘルニアとは、背骨の腰部の椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が飛びだすことをいいます。
このとき、飛びだした椎間板の一部が、付近の神経を圧迫し、腰や足に激しい痛みやしびれなどの症状を起こします。
この症状を坐骨神経痛といい、椎間板ヘルニアの代表的な症状となっています。
ちなみに、ヘルニアは「何かが飛び出す」という意味です。

※坐骨神経痛は、病気ではなく「症状」です。

原因はなに?

発症原因は、環境要因(作業中の姿勢・動作)による筋肉の緊張、こわばり、そして加齢が関係するものや、遺伝要因(もともとの体質・骨の形)そして、加齢が関係しています。
椎間板には、座る、立ったまま前屈みになるといった姿勢や動作でも、体重の約2.5倍の圧力がかかるといわれ、このようなことの繰り返しが、椎間板に変性をもたらし、椎間板へルニアに発展するものと考えられています。

整体での施術

龍観堂の整体では、はみ出た椎間板が元の位置に戻るよう骨盤の歪みを減らしたり、椎間板へ負担をかけないように全身のバランスを変えることができます。
椎間板やその周辺組織に負担がかからないように、バランスを変化させられれば悪化の防止になり、負担の少ない箇所は結果として自然と治癒できる状態になっていきます。

元プロアスリートだから分かる身体の仕組みがあります。何でもご相談下さい。 TEL 0187-63-9292





PAGETOP
Copyright © 龍観堂 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.