お問い合わせ 0187-63-9292
大仙市の整体院『龍観堂』。元プロアスリートだから分かる体の仕組みがあります。
腰痛、肩こり、偏頭痛などの症状を、骨盤矯正と筋膜、動体療法を組み合わせて、お客様一人一人の身体に合わせ施術を行います。
何でもご相談ください。
 

生理痛・不順

  • HOME »
  • 生理痛・不順


生理痛・生理不順は改善できます
生理不順・生理痛・無月経に対する龍観堂の整体について説明いたします。

先ず、婦人科系疾患の改善には骨盤矯正、腰椎の調整、胸椎の調整、頸椎の調整、内臓の調整が有効かつ必須の施術です。

その理由は単に全身のほぐしだけの治療ではなく、身体の歪みを本来の状態に矯正することによって非常に早い速度で改善されるから。

当院の丁寧なほぐしは神経系統・深層筋・靭帯レベルまでアプローチする内容となっています。

そういう意味で、骨盤を含む脊椎の調整は神経系統の働きを正常化するためにも必要条件であります。

これまで中高校生はじめ多くの生理痛や生理不順を改善、解消しております。

①当院の骨盤矯正は単なる癒しとは異なります。癒しを超えた回復のための施術です。
②左右腸骨(骨盤)の前後の捻じれを矯正します(仙骨と腸骨の接点部分)。
③左右腸骨(骨盤)の上下の違いを矯正します。(足の長さが揃う)
④腰椎の1番から5番までの捻じれが改善される(腸の働きが良くなる)
⑤胸椎の1番から12番まで捻じれと圧迫が改善される。(内臓と婦人科系統の働きがよくなる)
⑥妊娠中及び産後の恥骨部の痛みが取れます。
⑦股関節の痛みがとれます。
⑧下半身の代謝がアップしてむくみが改善されます。
⑨妊娠中の腰痛や、ひざ関節痛、足の痛みがとれます。
⑩出産後の尿失禁が早く改善されます。
⑪生理痛、生理不順が改善されます。
⑫恥骨の痛みが早期に改善治癒できます。



以下は医療現場の説明ですが参考になさってください。

Q.生理不順の原因は?
A.ストレスで視床下部が正常に働かない場合など
月経不順には、月経周期が24日以内の「頻発月経」、39日以上の「稀発月経」、月経がない「無月経」があります。
これらの原因の約70パーセントが脳の視床下部に問題があるケースです。
視床下部が障害されると、「性腺刺激ホルモン」の分泌がうまくいかなくなり、排卵しなかったり(無排卵)、遅延排卵が起こる場合がある。
視床下部の障害は次のような生活習慣によって起こります。
環境の変化や人間関係などによる精神的ストレス。

強いストレスがかかると大脳皮質が視床下部にブレーキをかける。
・無理なダイエット。
・激しい運動。(個人差がある)
・不規則な生活。

月経不順はそのほかにも
・下垂体の機能の異常。
・卵巣の異常。
・甲状腺機能亢進症・低下症。
・薬の副作用。
により起こるケースもあるようです。

Q.生理不順を治すには?
A.無理なダイエット、ストレスを避けること
月経不順(生理不順)にはさまざまな原因がありますが、まずは次のような生活改善を行ってください。

・無理なダイエットはやめる。
・偏った食生活を改善する。(肥満はホルモンバランスを崩しやすく大敵)
・ストレスをためないライフスタイルが必要。趣味の時間を持つ、好きなスポーツをするなど自分なりのストレス解消法をみつける。
・十分に睡眠時間をとる。
・規則正しい生活のリズムを守る。
・過度な運動は避ける。(個人差がある)
・体脂肪率を正常範囲内に保つ。
・生活改善を行っても月経不順が改善されない人や無月経の人は早めに婦人科を受診し、原因を明らかにして早めに治療することも大切です。

Q.生理痛がある人とない人がいるのはなぜ?
A.ホルモンの含有量の違い、子宮口の狭さ、病気が原因
月経に伴って腹痛や下腹部痛が起こる原因は、おもに次の2つがあります。

・「プロスタグランジン」という子宮を収縮させるホルモンが子宮内膜に多い場合、子宮の筋肉が強く収縮する。
・子宮口が狭いために血液がスムーズに流れ出ず、押し出そうとするために子宮の筋肉が強く収縮する。

血のかたまりを無理に出そうとして起こることも。
出産経験のない女性に多い。
強い月経痛が毎回起こる場合、子宮内膜症や腺筋症(子宮内膜の組織が子宮の筋肉に入り込む病気)、子宮筋腫などの病気が疑われます。
薄着や冷房による冷え、運動不足などにより、骨盤内がうっ血して起こることもあります。

上記のように医療現場の説明に該当しない方でも生理痛や生理不順という人もおられます。

そういう方でも当院の整体を受けますと改善される事例はたくさんございます。

Q.生理のときに日常生活で注意することは?
A.無理をせず、腰が冷えないよう注意を
月経痛をやわらげ、月経期間を少しでも快適に過ごすために次のことを心がけましょう。

・ウォーキング、ヨーガなど適度な運動を行い、骨盤のうっ血を解消する。
・おなかや腰に負担をかけない。
・腰が冷えないように注意する。ひざかけ、使い捨てカイロなどで腰を温める。
・栄養バランスのよい食事を3食、規則正しく摂る。
・ストレスをためない。
・ぬるめのお湯にゆっくり入浴。



下記の症状に対応しております。
腰痛 椎間板ヘルニア ギックリ腰 坐骨神経痛 肩凝り 四十肩 五十肩 偏頭痛 産後の骨盤矯正 妊婦 マタニティ 骨盤矯正 頸椎捻挫 頸椎症 ストレートネック 頸椎ヘルニア 顎関節症 О脚 X脚 成長痛 オスグット シンスプリント スポーツ障害 捻挫 腱鞘炎 変形性股関節症 変形性膝関節症 ムチ打ち症 脊椎側弯症 耳鳴り めまい 突発性難聴 スポーツテーピング


下記の地域からも来院いただいております。
秋田県 大仙市 大曲 秋田市 横手市 由利本荘市 大館市 能代市 鹿角市 井川町 羽後町 大潟村 男鹿市 潟上市 上小阿仁村 北秋田市 小坂町 五城目町 仙北市 にかほ市 八郎潟町 八峰町 東成瀬村 藤里町 美郷町 角館 十文字



元プロアスリートだから分かる身体の仕組みがあります。何でもご相談下さい。 TEL 0187-63-9292





PAGETOP
Copyright © 龍観堂 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.